Search this site
ライター今泉愛子のブログです
才能との付き合い方 才能は自分とは別人格

11月に、ランニングを再開して半年が経ちました。

ついにレースに出場し、意気軒昂であります。

 

走っていると、やっぱり私って走る才能があるなあ、とウキウキします。

私はそもそも、前世はジャガーとかカモシカとか、あるいはラクダとかダチョウでもいいんですけど、

とにかくなんか野山を、あるいは砂漠を駆け回る動物だったと思います。

だって、だだっ広い大地を見るとたまらなく走りたくなりますからね、、、

「あいちゃん、あんた今、人間やで」と自分で自分にささやいてハッとしたりとか。

 

「才能がある」と感じるのは、どういう状態でしょうか。

私の場合、単純に身体が喜ぶということ。

正しいことをしている感じがする。

身体がのびのびとします。

 

走っていると、ものすごく気持ちいい。

快感といってもいい。

息が上がって苦しいのに、気持ちいい。

どんどん身体が自由になっていく感じがします。

 

走っているときは、力を身体の中心にぎゅっと凝縮して、それを前に押し出します。

すると身体がどんどん前へ前へと進みます。

それが快感なんですね。

ものすごくうまく動いている感じがします。

 

きっと絵を描く人もそうではないでしょうか。

ピアノを弾く人も、将棋を指す人も、どこかにそんな感覚があるんじゃないかと思います。

 

レースで苦しいと、どんどん身体がバラバラになっていきますが、

なんとか耐えて、とにかく身体の中心に力をとどめる。

すると苦しくても走れます。加速できることすらある。

 

この感覚は、他人と比較できません。

だから、才能を他人と比較することもできません。

私の才能の方が、あの人の才能より上だ、なんてことは一切考えない。

レースに出れば勝ち負けはあります。

だけどレースは、才能だけの勝負ではないですからね。

 

わたしは、誰かに勝ちたいという意識はあまり持っていませんでした。

タイムへのこだわりもゼロ。

単純に、自分の前を走る人に頭に来る。ただそれだけでした。

 

わたしにとって集中するというのは、才能と交信する感じ。

この日、このレース、やるよ。いくよ。頑張ってよ。

と語りかける。

「才能」という別人格がいる。

その人になんとか機嫌よくやってもらう。

 

だからコンディショニングはとても大切でした。

わたしは身体という箱の持ち主でそれをうまくメンテして、

才能に差し出す、みたいな。

 

才能に、自分の身体をすべて差し出すことができれば、とても速く走れます。

わたしがバカなことをすれば(例えば暴飲暴食)、才能はそっぽを向きますし、

ヘンな自我を持ち始めると、だったら勝手にすれば、とスネてしまいます。

才能くん、けっこう気難しい。

 

では才能は、一部の人にしかないものなのか。

恵まれた人間の特権なのか。

それは違うと思います。

 

誰もが「とっておき」を持っている、なんて甘っちょろいことを言うつもりはありません。

申し訳ありませんが、人にはやっぱりなんらかの優劣はあります。

勉強や美醜がわかりやすいですよね。

世の中には天才がいるし、美人もいます。

 

才能は「好き」に置き換えていいと思います。

誰でも何か「好き」はありますよね。

オタクのみなさまだけではなく、どんな人にも「好き」はあると思います。

 

映画が好き、お花が好き、食べることが好き。

わたしのも単純に言えば「走ることが好き」ってことです。

才能を「好き」に置き換えれば、それが他人と比較できるものでないとわかると思います。

あいつより、俺の方が、鉄道を愛している、と張り合っても仕方ないです。

 

それよりも大切なのが自分の「好き」と気持ちよく付き合うこと。

上手に付き合えば、どんどん幸せになれます。

だけどそれが難しい。

恋愛と同じで、うまい下手がある。

 

まず第一に「好き」なことだからって、稼げるとは限りません。

たまに「好きを仕事に!」という夢物語を聞きますが、

「好きなこと」が稼げることとは限らない。

 

わたしなどは教員免許を持っていますから、

教員になって、陸上部の顧問などをする道もありました。

でもわたしの場合、あまりにマイワールドがありすぎて、教員には向きません。

ランニング教室だとか、そういうのもムリでしょう。

賞金稼げるほど速くないし。

なので「好き」で稼ごうとしないことが、

「好き」とうまく付き合うコツのひとつです。

稼げる人は稼げばいいのですが、稼ぐことにこだわりすぎない。

 

「才能」と置き換えて話しますが、才能って、ものすごく原始的なものなんです。

花を育てるのがうまい。走るのが速い。料理が上手。絵が上手。

そういう原始的なことは、資本主義下にある現代社会にはそぐわないものも多い。

それはしょうがない。

 

もちろん資本主義にうまく溶け込めば大金がやってきますが、そうそううまくはいきません。

だから、それで稼げなくても文句は言わない。

だけど、幸せは確実にくれます!

だって、それをやってればハッピーですから。

それで十分です。

 

才能との付き合い方をもう少し考えてみたいと思います。

(次回に続く、はず)
posted by 今泉愛子(詳細はクリック) | 19:03 | life | comments(0) | trackbacks(0) |
「捨てなきゃよかった」あれこれ

整理整頓が好きです。

ものを捨てるのが好き。

この「捨てる」という行為は、取捨選択のトレーニングに向いています。

後悔と向き合う練習にもなります。

 

捨てて後悔するもの、結構あるんです。

3年くらい来ていなかった服を処分したら、

翌年、このスカートと合わせるとよかったかもしれない、と

思いついたりすることはしょっちゅう。

 

スペインの靴ブランド「カンペール」が日本に上陸した時に取材して、

素敵な靴べらをもらったんです。

だけど、使いづらくて捨ててしまった。。。。

最近息子が革靴を履くこともあり、「靴べら!」と言われるのですが、

あれをとっておけばよかったです。オシャレでしたし。

 

学生の頃に愛読していた古い料理本も、いつぞや一気に処分しましたが、

古い料理本の丁寧な解説、そういえば貴重だったかも。

 

「お片づけ」って、捨ててスッキリの側面ばかりが強調されますが、

捨ててスッキリするだけではなくて、やっぱり後悔することだってあります。

 

「3年着ていない服は捨てる」というルールはよく言われますが、

カンペールの靴べらで言えば、10年くらい使っていなくて捨てたのに、

今さら「惜しい」と思い始めていて、一体なんだよと。

 

だけど、こういう後悔にとらわれると、前を向けません。

だいたい捨てたものって、美化してしまうもの。

使いづらさを忘れて、デザインの良さだけを思い出します。

 

次からはもっとよく考えよう。

というのは、前を向いているようで後ろ向きです。

反省しすぎると失敗が怖くなります。

学ぶべきポイントは押さえつつ、前を向く。

 

わたし自身が「賢く生きたい」と思っているところがあって、

もっとよく考えなくちゃ、と思いがち。

が、ここでグッとアクセルを踏む。

振り返りすぎない。後悔しない。失敗はあるもの。

 

そうやってどんどん前を向いていく。

「よく考えたの?」と、これはあらゆるところで問われる言葉ですが、

よく考えなくていい。

 

わたしなんかは、基本的に自信ない系のやわやわのヨワヨワなので、

うかうかしていると、すぐに反省や後悔にとらわれます。

だけど、がんばって全力で前を向く。

そうすることで、何か新しいところにたどり着けるのではないかしら。

 

posted by 今泉愛子(詳細はクリック) | 10:25 | life | comments(0) | trackbacks(0) |