Search this site
ライター今泉愛子のブログです
目標までの道のり

目標設定の大切さに気がついたのは、息子の中学受験が終わってからでした。

中学受験を考える東京の男の子たちとその親は、だいたい最初は御三家(開成、麻布、武蔵)あたりを目標にします。

小学校4年生くらいはそうです。塾もそれほどシビアな目標設定を求めません。

なぜか。

夢を見ていないと続かないからです。

このパターンは「女優になりたい」と同じ。

そういう目標をもつことで、毎日が輝いてくる。

 

ところが、実力が見えてくる5年生あたりから、現実に対応することが求められます。

麻布はいい学校だけど、どう考えても無理そうだとわかってくる子もいるんです。

そこで、どうするか。

 

そのまま夢を見続ける親子もたくさんいます。

なんとかなる! まだ挽回できる! 

「最後まで諦めなかった者が勝てるのだ」とばかりに目標設定を変えずに痛い目にあった第二次世界大戦の教訓というのは、びっくりするほど生かされていません。

勝てた人は、諦めなかった人であることは間違いないのですが、

諦めなくても負けた人が山ほどいるという視点を持てないから現実に対応できない。

 

なぜそうなってしまうか。

目標って時にはとても甘い夢を見せてくれるものなんです。

自分は、麻布を目指してるんだ。

合格したらきっと楽しい学校生活が待っているし、楽しい仲間ができて、将来もバラ色であるに違いない。

と考えているだけで楽しくなってきます。

でもそれは、合格すれば、の話であります。

 

わたくしの「日本記録」もこれに近い状態でありました。

甘い夢を見ることを楽しんでいただけ。

現実に対処していなかったし、それが実現可能かどうかをまるで検証していませんでした。

そもそも無理ゲーだったかもしれない。

 

ということで、W55になり、日本記録は少し低くなりました。

とはいえ、PBを出さないと届きません。

 

800m  2’33”47→2’35”71

1500m 5’07”50→5’12”56

前が日本記録、後ろがPBです。

 

これは「夢」ではなく「目標」になりうるでしょうか。

「こうなればいいな」といい気分にさせてくれる目標ではなく、

時には追い詰められてキリキリさせられるような目標として、頑張りたいですが、

ただね、まだ「目指せそうだ」という手応えがないんです。

練習での自分の走りとタイムが、まだイマイチ。

どういうふうに着地させていくかってところに今はいます。

 

試合には無事申し込めました。

まずは800mを2本走ります。

10月11日と25日。

 

どこまで走れるかが見えていませんので、そこでしっかりと向き合いながら目標に向かっていきます。

 

 

posted by 今泉愛子(詳細はクリック) | 10:56 | ランニング | comments(0) | - |
秋のトラックシーズン到来!

さてさてさて、仕事が多忙を極め、8月22日、誕生日直前の足立フレンドリーナイターは走れませんでした。

じつは、23日にも別のレースを申し込んでいて、突然の中止にも対応できる体制は万全に整えていましたが、

原稿だけが予定通りには行かず。

 

すでに、22日の週はもう頭の中がパンパンで、トレーニングがうまくできていませんでした。

仕事で頭を使い、ランで体を使えばいいのだから、両立はできるだろうと普通くらいの忙しさのときは思うのですが、マックス忙しくなると、もう全然ダメ。

体を動かすのも脳なんだと実感します。

「走る」ってことが全然できないんです。

せめてレースだけ行こうかと思いましたが、そんなの自己満足だろうよ、と思いました。

現実問題、締め切りが迫っていたんですね。

見に来てくれたWくん、すみませんでした。

 

今回のことで思ったのは、ぼんやりしていたら4年なんてあっという間なんだということ。

そんなのわかってましたよね。

高校3年間だってあっという間だったし、大学の4年間だってそう。

ぼんやり過ごしていたら「まだ何も成し遂げていない」状態で終了します。

W55のカテゴリーだってそうです。

そして、私はなにも計画していない・・・。

ぼやぼやしていたら終わってしまいますよ、と。

夢は目をつぶって見てちゃいけないの。

 

いま1人でやることの限界を感じていて、誰かに練習計画を立ててもらおうかと思案中。

仕事が立て込んでいない時は、自分で考えるのが楽しいのですが、忙しくなってくるともう全然だめ。

Facebookで見つけた練習会にポッと行って走ったりしていますが、そういう練習会ホッピングもやめたほうがいい。

もっときちんと積み上げていかないと、届かないです。

あまり深く悩まないところがわたしのいいところでもあるのですが、この辺りのツメの甘さをしっかり立て直さないといけませんね。

 

秋のシーズン。

9月はレースを入れないで、しっかりトレーニングに取り組んで、10月は2本走る予定です(まだエントリーできていませんが)。

しかしながら、次の原稿の締め切りの山が10月5日なんですね。

これはかなり厳しいスケジュールでありまして。

でも、ここをうまくクリアしないといけません。

 

仕事とランニングをどんなふうに両立するかはこれからもついてくる課題なので「仕事が立て込んでいてダメでした」なんて言い訳はなしにできるよう、しっかり向き合いたいと思います。

 

と言いつつ週末は出張で行った別府で温泉三昧。

 

でも早起きして、6時前から海沿いを大分まで往復21km走りました。
たぶん別大マラソンのコースかな?
アップダウンのないいいコースでした。

大分銘菓もたっぷり買ってきました。

ふだんは、なんちゃってグルテンフリーを目指しているのですが、脳は糖を欲するんですよね。

スイーツ抜きで原稿は書けません・・・。

兵糧も用意できたことだし、なんとか頑張りまっする!

posted by 今泉愛子(詳細はクリック) | 13:04 | ランニング | comments(0) | - |