Search this site
ライター今泉愛子のブログです
全日本マスターズ駅伝3 もがき続ける

マスターズで、友だちの輪が少しずつ広がっています。

レースが終わるとLINEを交換したり、facebookで友だちになったり。

 

マスターズまで来ると、みなさんそれなりに熱心なんです。

「イヤイヤやってます」なんて人はいません。

当たり前ですね。

この歳になって、コーチもいない、仲間もいない状況でやっている人が大半ですから、

誰もが自分なりのやりがいを持って頑張っています。

これが本当に気持ちいいんです!

 

マスターズ駅伝では、同世代の愛知の渡辺さんから「来年は今泉さんに挑戦する」と宣言されまして、

「受けて立ちます!」と返事してきました。

かかってこいや!

 

でもわたしも別にすごく、すごいわけではありませんよ。

今回は区間賞を取れませんでしたし、日本記録にも及びません。

年下には負ける。

わたしなりの葛藤もあります。

 

W50の800m日本記録保持者の末吉真規子さんとは、このところたびたび顔を合わせています。

わたしってばTwitterやインスタのプロフィールに「日本記録を目指しています」と堂々と書いていて、

それやばくないか、と内心ビビったんですが、「がんばってね」と言ってもらって、ありがとうございます!

 

最近は練習ができていないとおっしゃっていて、故障もあり、

800mで日本記録を出された頃の走りではないようです。

 

以前はらくらく勝てた相手にあっさり抜かれたりするんですよね。

悲しいですよ。なんで? と思います。

わかる、わかりすぎるほどわかる。

でも、だから何?ってことです。

 

わたしは走るから。

それだけで十分です。

悩む必要も迷う必要も落ち込む必要もなし。

精一杯もがいていこう。

 

わたしもすべて思い通りにいっているわけではありませんし、

これからもいろんな状況が降りかかってくると思います。

でも、だから何?

 

なんでもええねん。

全部まとめて受けて立つ。

 

この前、同級生ランナーの佐野くんが、神戸マラソンで自己ワーストだったらしくて、

でもこれからももがいていく、と宣言していて、なんかかっこいいな!と思いました。

そう、その心意気が大事。

どんな目標を設定して、どんなふうに取り組むか。

 

そして深尾真美さん。

今回の駅伝では、区間賞をとると、日本選手権の1500mに出場できることになっていました。

10月の全日本マスターズで、日本選手権出場権のことがわかったのはプログラムを見てから。

1500mにエントリーしていなかった深尾さんはとても残念な思いをされたと思います。

だって今季は、1500mにも取り組まれていたから。

 

駅伝で区間賞をとるしかない。

そして見事、エルダーの部W55の1区で区間賞を取られました!!!

よかった〜〜〜!

 

プログラムを見て、正直これはかなり厳しい戦いになりそうだと思いました。

愛知の中山さん、石川の末吉さん、鳥取の河崎さん、そして兵庫の姉川さん。

わたしが勝手に武者ぶるいしていました。

 

でも、ほんまにようがんばった〜!

涙でた。

記録は13’05”

わたしより速いやん! とそこはちょっとがっくり(わたしが自分に)しましたけどw

 

深尾さんと日本選手権で一緒に走れるなんて!

こんな日が来るなんて!

 

というわけで楽しさいっぱいのマスターズライフでした。

 

 

写真は1年半前の大阪マスターズ。

深尾真美さんとわたし(←かなり初心者な感じ)。

 

 

posted by 今泉愛子(詳細はクリック) | 06:45 | ランニング | comments(2) | trackbacks(0) |
全日本マスターズ駅伝2 朝食、シューズ、心を傾けること

今回のレースは、駅伝ですから外すわけにはいきません。

距離に対する不安もありましたし、このところ仕事がかなり立て込んでいたりもしたのですが、

とにかく「走る」と決めました。

弱気は全て封印する。

とにかく走ろう。

と思ったのがレース一週間前くらいだったでしょうか。

そう決めると、だいたい気持ちが集中モードに入ります。

 

今回のレースは朝が早かったんです。

9時スタート。

私は2区担当なので、9時10分過ぎくらい。

 

なので逆算すると5時ごろに朝食です。

慣らしておこうと思って、10日くらい前から朝ごはん時間を早くしました。

だいたい4時半から5時くらいに食べていました。

もともと3時、4時に起きてはいるのです。

 

朝食に続いて、ランもなるべく8時9時にやるように。

そのため夜の練習会もお休みして、せっせと朝、走りました。

でもこれはそこまでやる必要はあったかな?というほどの効果だったかな?

 

朝早いレースの時、わたしはいつも朝食前に散歩をするんです。

レースの4時間半前に散歩、4時間前に朝ごはん。

今回も4時半から散歩したんですが、まだ街は夜でした。

 

散歩すると緊張感もあるし、だいたい体は目覚めますね。

あんなにせっせと朝、走ることに力を入れる必要はなかったかもしれません。

 

コースはアップダウンが厳しくて、しかも道がくねくね。

前日の試走時点でかなりビビりました。

最初の坂なんて、ここは箱根か!と突っ込みたくなるほど。

だけど、条件はみんな同じですからね。

 

シューズはどうしようか。

ライトレーサー、ソーティマジック、ズームフライの3足で迷っていましたが、

一週間前のペース走で、ライトレーサーは外しました。

最近とても気に入っているライトレーサーですが、3kmくらいの勝負シューズではないかも。

 

ソーティにするかズームフライにするかは前日の試走で決めようと2足持参。

最初の坂を上った時点でズームフライに即決でした。

ソーティだと、あのアップダウンとくねくね道は厳しい気がしました。

 

フォームも自分的には、このところずっとピッチを意識して走っていました。

持久力がないわたしですが、フォームが長距離向きではないのかも、と思って、

ピッチピッチピッチと、跳ねない走りを心がけておりましたが、、、まあこれも効果はあったのかなかったのか、な感じ。

 

朝食は、最近レトルトのおかゆを食べています。

これは結構おすすめ。

ビジネスホテルはだいたいお湯を沸かすことができますから、

袋ごとポットに押し込めば温められます。

梅入りだとクエン酸も取れてなお良し。

これとフリーズドライのお味噌汁が基本のコンビ。

お味噌汁は、部屋に備え付けのティーカップで作ります。

 

朝はやっぱり温かいものが食べたいですよね。

なので、このコンビはかなり気に入っています。

でもこれだけだと量的に少し足りないので、前日に何かを買い足しています。

あと、お箸と大きめのスプーンがマストです。

 

レース前って、いろんなことを考えます。

わたしはわりとざっくりした性格なのですが、なぜかレース前はそれなりに緻密です。

ああでもない、こうでもないと考える。

 

生活スタイルもわりと丁寧になります。

大切にしたいのは、早寝早起き。

ですが、前日仕事で遅くなることもあります。

そこは気にしない。

 

食は、グルテンフリーをそこそこ徹底します

(いつもはなんちゃってグルテンフリー)。

 

思うのですが、生活の中の「心がけ」ってありますよね。

競技のためにこうする、という部分。

早寝早起きとグルテンフリーは、競技を再開する前からやっていましたが、

コンディショニングにとってもすごく大事。

 

だけど、一つひとつのことで言うと、役に立っているのかどうかはわからない。

例えば、中学、高校時代は階段を使わない。電車では座らないを徹底していました

(最近は使います。体力温存の方が大切になってきたので)。

だけど、階段を使わないことで筋力が身につくのかというと、それはわからない。

というか、そんなの微々たるものでしょう。

 

でも自分が競技にどう向き合っているかということですよね。

心をしっかり傾けているかどうか。

それが集中力につながると思いますし、ブレない心を作ってくれます。

 

でもわたしは「自分はこれだけのことをやってきたんだから大丈夫」みたいな思考回路は

全然好きじゃないです。特別すごいことをやっているわけではない。

いつだって疑う姿勢はもっていたい。

本当にこれはベストなの?

どんなことも改良の余地はありありです。

 

今回でいうと、朝シフトもピッチ走法を意識することもそれほど効果はなかった気がします。

ムダとまではいかないですが、朝シフトは次からここまで徹底しないかも。

 

世間はいつも損得計算をせっせとやっています。

できれば効率よくいきたい。

失敗したくない。ムダなことに労力を費やしたくない。一円でも得したい。

正解を誰か教えて。

 

でもわたしは、迷いながら自分で試してみるのが好き。

ムダになってもいいから、そうやって経験値を上げて行くことがとても大事。

 

その一方で、経験だけを頼りにしない。

状況はいつも変わりますからね。

 

そしたら経験値を上げる必要があるのか。

思うに、経験値を上げることで、勘が冴えるようになるんです。

勘ピューターとは、よく言ったもので、

勘はただの思いつきじゃなくて、実は経験がベースになっているのだと思います。

あまり意味がなかったかな、と思うことも大切な経験の一つ。

その経験がこの先で、「こういうこと」には意味がないと教えてくれる。

同じ状況にはならなくても、同じような状況にはなります。

 

自分はこれまで全然何も真剣に考えたことがなかった!

全部テキトーだった。

経験値ってなに。

としたら、ここから積み上げていきましょう。

 

Think, Think, Think.

Do, Do, Do.
世界はThinkとDoで回ってる。
あと、ほんの少しのImagineと。

 

posted by 今泉愛子(詳細はクリック) | 06:24 | ランニング | comments(3) | trackbacks(0) |