Search this site
ライター今泉愛子のブログです
いよいよヒルトレーニング byリディアード理論

このところ練習会に積極的に参加して、わりといい感じで距離が踏めています。

練習会はほぼ全てマラソンランナー向けなので、

自称中距離ランナーのわたしにとっては、設定ペースが遅めでリカバリーが速い。

のですが、それにも慣れてきました。

先日20km走をやりきったことで、なんとなく一区切りという気分です。

 

そこでここから少しずつリディアードさんのいうところの

マラソンコンディショニング・トレーニング(有酸素トレーニング)から、

ヒルトレーニングに移行しようと思っています。

 

ヒルトレーニングは、リディアードさんの一番の特色とも言えるような気がします。

文字のごとく坂道を使ったランをする期間で、この時期に筋力を鍛えます。

心肺機能を鍛えて、次は筋力、そして無酸素系のトレーニング、というのが全体の流れなんです。

 

これまで練習会やトレーナーの泰子ちゃんを通じて、

ランニングドリルや補強運動にそこそこ詳しくなっていますが、

なかなか継続的に実践できません。

どちらも知っているだけではダメですし、気休めみたいにたまに取り組むだけでは意味がない。

EVOLUのサーキットも好きなんですが、サーキットって、一人ではまずできません。
Wingleのタバタ式しかり。
あれは掛け声があってこそ、タイムキーパーがいてこそです。

ここから3月半ばくらいまでを「ヒルトレーニング」期間として、積極的にからだを鍛えていくと同時に

しっかりフォームを見直そうかと。

 

15日から出張で東京を離れるので、その間は練習会に参加できませんし、トラックも走れません。

なのでそのあたりからヒルトレーニング開始。

がんばるぞ。

 

posted by 今泉愛子(詳細はクリック) | 06:31 | ランニング | comments(0) | trackbacks(0) |
20km走 Wingle練

今日は20km走をやりました。今季2度目ですが、これが最後と思います。

だいたい4’30イーブンで走って、1時間30分を切ることができました!

やったー!

 

前回の20km走は年末のTop Gear合宿でのこと。

この時は、最初の入りが5’19”でそこから少しずつあげて、だいたい4’40くらいで行って、

最後1時間33分でフィニッシュ。

7kmくらいからずっと単独走でした。

 

今日はWingleのイベントで、ペーサーも完備。

わたしは4’35”のBチームです。

今回、この4’35”というのが絶妙だと思いました。

というのは、4’30”の練習会はほかにもありそうですが、わたしは4’30”だと自信が持てない。

なので、大喜びで参加したのです。

 

が、最初の1kmは4’26。

あら? 速いです。

その後すぐに落ちましたが、4’35を超えることはほとんどなくて。

ところが11kmすぎたところで、ペーサーの方が意図的に落としたんですね。

速すぎるという判断だったのだと思います。

でもわたしはそのペースで続けたかったので、ペーサーの方に断って前に出て単独走にしました。

 

コースは、一周4.75kmの埼玉県の彩湖。

これが前半の2kmはスイスイですが、後半ものすごい強風の向かい風。

からだが吹き飛ばされそうなほどで、単独走になってからは「早まった」と何度も後悔しました。

Bチームのペーサー180cmの長身の牧野さんは風よけとしても偉大だった・・・。

 

ただ、アップダウンは自分のリズムで走りたい感じがすごくしたんです。

上りの時は腕振り、下りの時は骨盤をうまく使うとすごく走りやすい。

特に今日は下りの走り方をなんとなく習得できた気がしました。
骨盤をひねりながら足を前に出す感じ。

 

あと、自分でペースを作っていると、自分がどういう条件に弱いかもわかります。

わたしは向かい風。極端にペースが落ちます。

アップダウンには、そう弱くはない気がしました。

 

でも前回とは3分くらいしか変わらないのは、ちょっと不満ですねー。

50代女性にもサブスリーランナーはいますし、わたしはその域にはまだまだ達しませんね。

マスターズ駅伝の時、わたしはW50カテゴリーで区間3位だったんです。

1位だった方には30秒も離されていました。

これがかなりショックでして。

 

その方が大阪国際女子マラソンでサブスリーで走っていらっしゃるのを発見。

むむむ。そりゃ叶わないわけだ、とは思うものの、3kmではもうちょっと太刀打ちしたいですよね。

とはいえ、マラソンを狙っているわけではないので、ほどほどにしておきます!

 

とにかく。

とてもいい練習ができて大満足です!

息子たちによると、最近わたしは帰ってくるたびに「今日ね、すごくいい走りができたの!」と

ニコニコしているらしいです。

レースの時は、憮然としていて語りたがらないこともあるらしい。

あらあら。

レースの時もニコニコ帰ってきたいものです。

 

打越コーチ、香織さん、本日はありがとうございました。

給水も助かりました。

いつもながらの充実のエイドにも大満足。

おからドーナッツも美味しかったー。

ペーサーの牧野さんには、年末イベントに続いてお世話になりました。

安定していてとても走りやすいです。

そして、駅まで送迎していただいたNさんにも感謝です。

一緒に走った仲間たちにも感謝。

ありがとうございました!

 

ところで昨日の記事の続きですが、怠けたい時の「走りたくない」と疲れている時の「走れない」は、

分けて考えるべきですね。

その違いは、からだが動くか動かないかなのですが、そこはまだわたしもうまく言語化できません。

直感を言葉に変えられるようにならないと、人に伝わらないですよね。

引き続き探っていきます。

posted by 今泉愛子(詳細はクリック) | 19:19 | ランニング | comments(0) | trackbacks(0) |