Search this site
ライター今泉愛子のブログです
練習しすぎると走れなくなる

大学の後輩から、お花見に誘ってもらって、これ、年末と同じパターンやん、と思いました。

年末は、高校の後輩から忘年会に誘ってもらったんです。

そこから高校時代への振り返りが始まりました。

 

お花見には、残念ながら参加できないのですが、大学時代を振り返りそうになる出来事も起きて、

ここらで大学時代も振り返っておくか、と思いました。

それにしても後輩って本当にありがたいですね(誘ってくれて本当にありがとう!)

 

昨年11月から30年ぶりに走り始めました。

それなりに調子も上がってきて、ええ感じやん、と思って

Garminの腕時計も購入し、ますます練習に熱が入り、、、

そして、体を壊してしまいました。

全然、走れない。

練習しすぎると走れなくなるって、こういう状態です。

 

どこがどう弱いのかはわかりませんが、

私は回復に時間がかかるタイプです。

 

最近走り始めてすぐに気づいたのは、2日続けて走ると調子が悪いということです。

今の私は24時間ではリカバーしないんだなと思いました。

大して走ってません。それでも、24時間では回復しない。

ショボい体やな、と思いますが、速く走る素質はあるわけなので、ショボさは受け入れるしかありません。

 

大学は、よく「どうして学芸大に?」と聞かれますが、

あれこれ理由はありまして、私はそもそもは東京女子体育大学に行きたいなーと思っていました。

久保田真由美さんに憧れていたのです。

女子大にも憧れがありました。

 

だけど、不安もありました。

私は強豪校にいたことがありません。

強い人たちとしのぎを削るような練習はしたことがない。

そんなところでやっていけるのか。

県や全国の選抜合宿ですらしんどいのに、毎日厳しい練習が続いたら耐えれるんだろうか。

そんな不安もかなりありました。

 

前に夏、とかいたのですが、間違っていました。

国体が終わってからです。

先生がいきなり国立大学に行け、と言い出した。

勧められたのは筑波大です。

 

でも「女子は伸びない」「カップルだらけ」

「筑波の3S(Sports,Study,Sex)って知ってるか」なんてことを

誰かから言われて、不安に思い始め、、、

私自身が田舎に行きたくないというのもありました。

読みたい本やレコードがすぐに買えるような暮らしに憧れていたのです。

 

筑波の場合は、研究都市というのにも引っかかりました。

田舎に、そんな人工的な街作ってどうすんねん、と。

 

そんなこんなで、気持ちが乗らない。

それで探し当てたのが学芸大でした。

ここなら、これまでのように一人で練習できる環境かも、と思いました。

高校でももちろん仲間はいたのですが、そんなにしのぎを削るような環境ではなかったので、

わりと自由に走っていました。

学芸大も、私がイメージしたのは、自分で自由に練習できる環境でした。

 

奇跡の合格を果たし、大学で待ち受けていたのは、80人くらい部員のいる大所帯の陸上部でした。

全然、思ってたのと違う、、、中、長ブロックには30人くらいいたと思います。

ほぼ全て男子、と言っても過言ではない。

 

いやいやいや、全然ちゃうやんか。

もっとほのぼのとしたイメージを持ってたんですよね。

部員数が30人くらいののんびり感。

でも、全然のんびりしていませんでした。

 

入学は、大歓迎されました。

いま思うと、本当に大事にされました。

田舎からやってきた、陸上しかやったことのない女の子、というイメージ(というか本当にそう)

だったと思います。

 

私は、中学でも高校でもわりと有名人として生きていたのですが、

大学ではひっそりと暮らせるつもりでいました。

誰も私のことなんって知らない場所に行きたかった。

で、つい最近までそのつもりでいたのですが、

最近、大学の同級生と話をしたら、

「イシハラって、中学の時2’11で走ってたんだから、そりゃ素質あるよ」なんてことを言われて、

ん? と思いました。

フクちゃん、私のこと知ってたの??

 

ついでに同級生のもいちくんにも「入学前から私のこと知ってた?」と聞いたら、

「そりゃ、知ってんだろう」と言われ、え、まじで、と思いました。

そういうつもりはまったくなくて、しかも彼らは誰一人、そういうそぶりは見せませんでした。

 

明南男子に「うわ、全然大したことないやん」と騒がれたのが若干トラウマだったので、

あまりそういう注目のされ方はしていなかったと思っていました。

みんな、黙って付き合ってくれてありがとさんでした。

 

しかしながら、部内ではやはり熱が入るわけです。

私をどう育てるかってことで。

顧問には、有吉正博先生もいらしたのですが、有吉先生は本当に優しくて親切な方で、

でも推しが強いタイプではなく、私のことはブロック長に委ねている状態だったように思います。

 

ブロック長に限らず、先輩方には、もうまじでかわいがってもらいました。

だいたい、下宿に電話を取り付けるからと、先輩が立ち会ってくれるって

(女の子一人の下宿に、男がやってくるのは危ないと)、

それどんだけ過保護やねんって話で、

陸上部の新歓コンパでも、中長の先輩が両隣に座ってくれて、

「うちの石原には、飲ませないでください。俺が代わりに飲むんで」みたいなことをして

守ってもらい、終電の管理も先輩たちがやってくれ、、、

あんなに蝶よ花よとかわいがってもらったのは、本当にいい思い出としか言いようがありません。

 

一人の先輩は、私が「ユーミンの中央フリーウェイって、中央高速のことだったんですか!」と

言っただけで、茨城の実家まで車を取りに行って、ドライブに連れて行ってくれました。

「俺、石原の初めてのドライブの相手ってことだよね?」と言われ、

「はい! お父さん以外では初めてです!」と答えたのですが、それだけで良かったんだろうか。

 

しかしながら、ここまでかわいがってもらうと、

自分の意見を言いづらくなります、、、

練習です。

 

私は当時、人生最高に太っていました。52.5kgくらいあったんです。

デブデブです。コロコロしていました。

だからまずは体重を落とすべきです。

 

ところが、先輩たちはレースに出ろという。

ムリむり無理。

と言いたいんだけど、言えない。

 

種目も私は、やっぱり1500mくらいが妥当だろうと思っていたのですが、

いま、思うと、もっと長い距離で勝負させたい気持ちがあったんじゃないかな、、、

当時、長距離がブームでしたからね。ゆくゆくはマラソン、というのもあったのかも。

 

練習メニューはブロック長が立てるので、私のも考えてくれます。

ちょっとやりたいのとは違うかなーって気もする。

でも言えない。

だいたい毎日、誰かがペースメーカーまでやってくれる。

そういうのも決まっていました。

文句言う立場にない。

 

いや、当時の先輩たちは、「死ぬほど文句言いやがって!」と思っていると思うのですが、

私からすると、かなり我慢した感じ。本気で文句言ったら、あんなもんじゃない。

 

高校時代は、先生に対して怒っていましたから、無視するのなんてへっちゃらでしたが、

大学時代は、そうはいかない。

あそこまで可愛がってもらって、それはない。

 

そういうことで、、、、結局、最終的には体を壊して走れなくなりました。

大学2年の夏かな。

一年近く、、、半年かな、、、休部しましたね。

 

大学の陸上部が悪かったわけでは決してありません。

私が特殊すぎた。

普通それで体を壊すとは思わないでしょう。

大した量の練習でもないのに。

 

続きは明日。

posted by 今泉愛子(詳細はクリック) | 04:56 | ランナー時代 | comments(0) | trackbacks(0) |
失敗だけが人を成長させるわけではない

中学時代のわたしと、高校時代のわたしと、どちらが苦労したか。どちらが努力したか。

中学時代のわたしは、たぶんラッキーガール扱いだったと思います。

確かに素質に恵まれた。

 

だけど、努力というのか、エネルギーの傾け方は半端なかったです。

苦労という意味では、仲間がいなかったです。

かなり孤独でした。

 

ほとんど失敗のない三年間で、

全国大会で転倒したり、ジュニアオリンピックに向かう途中新幹線が遅れてコール漏れ、、、

なんていうハプニングはありましたけど、そんなのは小さい話だと思います。

 

失敗のない、あまりに順調すぎる人生を、人は評価しない。

だけど、そこにもものすごい努力、気力があったのは事実。

そこを知ろうとしない人が多いけれど。

 

高校時代のわたしは、一旦どん底まで落ちて、そこから復活とまではいかずとも

国体にまでは持っていけて、ホッと一息。

それなりの苦労を知り、その上で努力を重ねたという話として語ることは可能です。

 

なんだけど、特にどちらがどうということでもない気がします。

失敗だけが人を成長させるのではなくて、成功だって人を成長させます。

 

だから、高校時代の苦労がわたしを成長させた、というなら、

きっとあんなに挫折せず、そのまま伸びていてもたぶんわたしは成長したと思う。

成長ってそういうこと。

 

だけど、順調にはいかないのが人生だから。

高校一年の頃を思うと、運命が全力でわたしを潰しにきたな、という気すらします。

なすすべもなかった。

それについては、なんの恨みもありません。

そういうのが人生だし、そこでどう立ち向かっていくか、なので。

 

わたしが自分に不満に思うのは、立ち向かい方ですね。

不幸に溺れたという気がする。

もっと涼しい顔をして頑張れればよかったのに。

ちょっとやっぱりセンチメンタルなところがあるのです。

自己憐憫ってやつですかね。

 

苦労している自分に酔ったところもあるんじゃないのかな。

客観的に自分を見れなかった。

 

わたしは、努力や苦労や試練が嫌い。

そんなもん、黙って超えていけよ。

 

もちろん他人は、苦労に共感します。

苦労のない人生なんて、つまらない。

わたしだって、他人の話を聞いていて面白いと感じるのは、

順調にいかなかった部分です。

 

だけどもし、自分の人生を生きるのだとしたら、

苦労の物語に囚われていてはだめ。

 

最近わたし、走り始めました。

五十歳を超えて走り始めて、何ができるんや、という話ではありますが、

走ってると、いろいろ見えてくる。

自分の強さと弱さがよくわかる。

走っていると、課題に集中しろって全身が語りかけてくる感じがありますね。

これ、調子のいい時のわたしの走りです。

誰も邪魔できない。

 

posted by 今泉愛子(詳細はクリック) | 04:43 | ランナー時代 | comments(0) | trackbacks(0) |