Search this site
ライター今泉愛子のブログです
<< 今日も走ります | TOP | ランニング日記 ロングジョグ >>
全日本マスターズ 陸上in前橋 

全日本マスターズ、走ってきました。

 

1500m DNF 

800m 2位2’37”17

 

でした。

1500mは、仕事でトラブルがあり、情けない話ですが、そちらに心を奪われすぎて朦朧としていました。

800m過ぎた時点で、もう無理・・・となり棄権。身体が動かなかったです。

 

この日は13日金曜日。

平日ですから、棄権するくらいなら前橋にこないで仕事してればよかったじゃん! と猛烈にイライラしてしまって、精神的にサイアク・・・。

だったのですが、帰りの電車で気を取り直し、1日あけて15日に800m。

 

この日、1周目は80”で行こうと思っていました。

実は1500mはDNFだったものの最初めちゃくちゃ飛ばしてたんです(例によって)。

お前は、何も学んでいないのか(日本選手権と同じ)と反省して、

今日は抑えていけよ、抑えていけよ、と自分に言い聞かせていました。

 

しかし。

スタート直前にふと「そんなんでええわけないやろ」という気分に。

2周目入ったところで、ギアチェンジして、おそらく1周目と2周目がほぼイーブンの2’37”でした。

 

2周目は、100mごとに切り替えてなんとかタレずに走れたのですが、

このとき思ったのは、400m、300m、200mのレペはなかなか役に立つということ。

だいたいの距離感がわかってイメージしやすかったです。

なんだかとても気持ちよいレースで、タイムはイマイチですが「会心の走り」的な気分でした。

 

順位やタイムがイマイチでも、いい走りができた時って自分でもわかるし、気持ちがいいんですよね。

まだまだいける、と今後に意欲がもてるんです。

これって素晴らしいこと。

こういう気分を覚えたのは、マスターズになってからのような気がします。

 

そして敏子先輩が、動画を撮ってくださったのですが、なんとなくフォームが良くなったような。

筋力がついたのでしょうか。

次回、もう少しフォームについては書きますね。

 

そして、ついにへそ出しデビューも果たしました!

なんかね、これめちゃくちゃ走りやすいんです。

ユニフォームが風をまとってふわっとならないのは快適。

手放せない気がします。

 

ところで今回走った前橋の正田醤油スタジアムは、あかぎ国体のあった場所。

先頭の28番。

この時も飛ばしたんですよ・・・。

結果は4位。

三つ子の魂百までもってやつでしょうか。

MGCの設楽くんに惚れたのは、自分と同類のように思えたからかも。

 

ところで国体は開会式を全競技でやるんです。

あかぎ国体では、当時PL学園のKKコンビ、桑田くんと清原くんが話題の人でありまして、開会式後にダッシュして、見に行きましたよ。

桑田くんはテレビで見るよりも全然大きくて、感動したんですが・・・。

 

数年前、わたくし、仕事で桑田真澄さんをインタビューする機会に恵まれて、

途中雑談めいた時にちらっと「わたし、あかぎ国体で桑田さん、見ましたよ!」と言ったんです。

あまり深い意味はなかったんですが「わたしも陸上で出てたんですよ」とかなんとか。

 

そうしたら、桑田さん、なんだか「ハッ」とした表情になっていきなり

「今泉さん、その時何年ですか?」と聞いてこられて。

「わたし? 3年です」と言ったところ、いきなり背筋ピシッ。

「僕、その時1年でしたよ! 今泉さん、僕が1年の時の3年ですか!」って

その直前までめっちゃラフに語ってくれていたのに、いきなりピシッ。

 

「いや、桑田さん、アスリートとしての格が違いすぎます」と言ったのですが、

「先輩に失礼なことできません!」とおっしゃって。

いやでもライターとしてはあのリラックスした感じがよかったのですが・・・。

先輩! 背筋ピシッというのも三つ子の魂百までもなのかもしれませんね。

 

開会式の兵庫のユニフォーム。

プリーツスカートをはためかせ、ベレー帽を手で押さえながらダッシュして、桑田くんを見に行ったのでした。

 

 

posted by 今泉愛子(詳細はクリック) | 19:59 | ランニング | comments(2) | - |
コメント
私の中で桑田氏、好感度アップ。
2019/09/23 22:09 by 義信 江本
はい。桑田さん、めっちゃええ人でした。
2019/09/24 11:01 by aiko
コメントする