Search this site
ライター今泉愛子のブログです
<< 第21回ハイテクハーフ走ってきました | TOP | MK練習会in駒沢公園 >>
リカバリーに予想外の時間がかかる

初ハーフ後のリカバリーに時間がかかっています。

もともと体調がそれほどよくはなかったのです。

レース前の金曜、土曜は疲れすぎていてノーラン。

土曜はおかゆだけという状況ではありました。

 

ところがレース自体はそれなりに順調な走りだったので、よっしゃー!と気合いが入り、すぐにトレーニングを再開するつもりでした。

が、なんとなくだるくて翌月曜は完全休養。

筋肉の疲労というより、からだ全体の疲労感でした。

火曜もまだだるい。

このままだと今月の走行距離が・・・と不安になり「せめてジョグくらいやろう」と思ったのですが、ここでムキになっても仕方がない。

 

水曜はもう走れますよね、と走り始めたのですが、思ったほど元気ではなく10kmほどで終了。

ずいぶんと長引いています。長引きすぎです。

でも、そういうこともありますかね。

 

ここでまた「こんなに疲れてしまうなんて、わたしには長い距離は向いていないんじゃないか」と思うのはムダです。

約1ヶ月しっかり走り込んだ成果と、そのビハインドが同時に出たってことでしょうか。

 

ジョグに取り組むようになって、最初に気づいたのは、シューズ、コース、フォームの重要性でしたが、ここにきて、食事とケアの重要性にも気付き始めておりまして。

 

レース後、買ったのは、青学推奨、ブルボンの「WINGRAM」です。

ハイテクハーフでは、レース後に打ち上げを予定していました。

走り終わったのは11時半、打ち上げは2時開始で、レース後から宴会まで、飲み物以外はほとんど何も口にしていませんでしたが、リカバリーの点からいうとレース後なるべく早く何か食べるべきだったと思います。

 

もともとプロテイン補給は考えていて、ボディメンテはわりといつもうちにある状態なのですが、今回、糖質も重要なのね、と思いました。長い距離を走った直後に大切なのは、プロテインよりもむしろそっちじゃなかろうか。

まだ買ったばかりでひとつも食べていませんが、ロング走の後には摂取してみようと思っています。

 

ケアももっとしっかりメニューとして確立していきたいですね。

 

さて、ジョグ中心の走り込みを開始して、6週間がたちました。

イヤーエンドの10kmは、かなりダメダメでしたが、今回のハイテクはそこそこ走れた感じです。

6週間の反省としては、ほぼWSをやらなかったことです。

わかっちゃいるけど、やれない。

ジョグ後は、からだが重くなっていて、やろうとしてもからだがうまく動かないんです。

ジョグに慣れればできるようになるのかもしれないですし、これから要経過観察ですかね。

 

要経過観察事項としては、「アクティブリカバリー」もそうです。

理論的には否定されているそうですが、わたしは体感としては、ポイント練習後などは効果があるように感じています。

ハーフのレース後には必要な感じはしませんでしたが。

そのあたりも「これが正解」と決めるのではなく、その日その時の体調に合わせてやっていこうと思っています。

論文もある程度は参考になりますが、条件を絞っていることも多く、全く別の正解が見つかる可能性は常にありますね。

 

これからは、週に一回くらいスピード練を入れます。

じつは先週も50m20本というメニューをやったのです。

今週は30秒走をやりたかったのですが、体調が整わないので、来週に持ち越し。

あせらずじっくり取り組んでいきます!

 

 

 

posted by 今泉愛子(詳細はクリック) | 07:16 | ランニング | comments(0) | - |
コメント
コメントする