Search this site
ライター今泉愛子のブログです
<< なぜ長い距離が走れるようになったのか メンタル編 | TOP | 2019ー2020冬季トレーニングのまとめ2 中距離ランナーに走り込みは必要か。 >>
2019ー2020冬季トレーニングのまとめ1 やったこと、やらなかったこと

冬季トレーニングをまとめます。

不甲斐ないシーズンの反省として、12月からコツコツと走り込むことにしました。

 

12月は、347km。

Garminの記録を見ていると、20kmジョグは5回。

2時間以上かけているのが2回(キロ6分以上)。1時間50分台(キロ5’30ー40)が2回、1回はキロ5です。

月末に10 kmのロードレース。もう記憶から消したいくらい全然走れなかったんです。

タイムは43分くらいだったでしょうか。

 

1月は、303km。

ハーフマラソンデビューしました。

12日のハイテクハーフで1時間32分8秒

それなりに走れたのですが、この後、やや停滞します。

相変わらずジョグジョグでしたが、距離もペースも今ひとつ上がりませんでした。

 

2月は、315km。

30km走をやりました。

キロ5ちょい切りくらいでいって、最後の5kmはやや上げて2時間26分。

これは人生最長距離、人生最長時間ランです。

 

この3ヶ月でやったこととやっていないことがあります。

やったことは、ジョグですが、やっていないことがいくつかあって、

まずWS(ウインドスプリント)、いわゆる流しです。

ジョグ後にやった方がいいんだろうな、と思いましたが、体が動きませんでした。

体中に、疲労物質が溜まりきっている感じ。

 

生理学関係者は「乳酸は疲労物質ではない!」と口をすっぱくしておっしゃいますが、普通のランナーとしては、乳酸かどうかはどうでもよくて、走っている時に、疲労物質と呼びたくなるものが体内を巡っているような感覚がありますよね。

少なくともわたしはそうです。

あれを抱えたまま、流しなんてやれない。

ええんかいなと思いましたが、やれないものはやれないです。

でもジョグをこなしていけば、いつかはここまで疲れなくなるだろうとも思います。

 

クロカン走も今季はやりませんでした。

昨年は週一回くらい砧公園に行って走っていました。

確かにいいトレーニングになりますが、結構心臓にも筋肉にも負荷がかかるんですよ。

それをやり始めたら、走り込みはできなくなる気がしました。

 

そして体幹トレーニングもやりませんでした。厳密にいうと、やめた。

冬季トレーニングに入り、しっかりやろうと最初はかなりコツコツやっていました。

しかし、ハムの違和感が日増しに出てきてなんだかあまりいい感じがしない。

ダンベルも買ったのですが、そんな余力はなく、走り込みを頑張ることにしました。

 

ジョグのペースは、大体ダニエルズのEペースの一番遅いあたり。

入りは、もっと遅くて、キロ6超えています。

大体2km、3kmあたりから安定して5’30”前後くらいでしょうか。

ちなみにアプリによれば、わたしのEペースは5’09”から5’39”です。

 

この3ヶ月、ジョグのペースはほぼ変わりませんでした。

細かく言えば、日によって変動もありますが、大枠で考えれば同じくらい。

いろんなペースでやることが推奨されていますし、その方がいいこともなんとなくわかりますが、そんなにバリエーションを付けられるほどの実力がありません。

内心、知らないうちにペースが上がってくるんじゃないか、と期待していましたが、全然そんなことはなくて。

あれれ。

 

年末のロード10 kmで、走れなかったのはほとんど心臓に負荷をかけていなかったことに原因があるのでしょう。

キロ4分台で全く走っていません。 

それなのに、最初の1kmを4分で入ってしまったんです。あほかいな。

 

だけど、ハーフはそこそこ走れました。

もちろんTさんが並走してくれたことが大きい。

でもトレーニング的にいうと、ハーフ初心者はジョグで足りるってことかもしれません。

 

来季の冬季トレーニングでは、クロカン走りを取り入れたり、体幹トレーニングに取り組むかもしれません。

体幹トレーニングの効果を出すには1年、2年かかるとも聞きますから、継続が大事なのもわかっているのですが、今季のわたしには難しかったです。

 

ここからは、VO2マックスや閾値(LT)、解糖系とかの要素を鍛えていこうと思います。

まずは、解糖系です。

1週間のメニューの中に、2つ、3つの要素混在させるやり方もあり、わたしもゆるくは混在させていくつもりですが、一つ一つの要素をしっかり追いながら段階を上げていくつもり。

 

ジョグも、わたしはこの3ヶ月ほとんど同じペースで走っていましたが、心臓に刺激を加える場合、わたしのようなまだラン歴3年くらいの(しかも走り込みは最近やるようになった)ランナーは、あまり複雑なパターンでやらない方がいいように感じます。

 

ジョグだけのトレーニングでは、いつかは頭打ちになるでしょう。ゆくゆくはね。

でも、ジョグだけのじっくり養成する期間も必要だというのが今回走りながら感じたことです。

 

トラックメニューもある程度特化しようと思っています。

最後に統合すればいいので。

 

わたしの苦手なトレーニングに、変化走に近いインターバルがあります。

MKでやる1000m6本です。1000mのペースはさほど速くないのですが、繋ぎが速い。

これがとても苦手で、おそらくわたしの弱点ですが、この弱点を補強するためには、しっかりと積み上げていくことが大事だと思っています。

ストレートにこのメニューをやるのではなく、このメニューを気持ちよくできるよう段階を踏んで準備する。

というわけで、今日は200m10本、走ってきます!

 

ところで、駅女活動もひっそり続けています。

先日、箱根で仕事があったので、箱根駅伝ミュージアムに行ってきました。

誰よりも長居して、熱心に見入っていたと思います。

ここ数年の動きはとても面白い。

 

そして、わたしの同世代も頑張っていたのですね。

順大飲み会では、もっとお話を聞かせて貰えばよかったと今さら反省しております。

同世代の兵庫県ランナーたちも活躍していたみたい。

 

 

もちろんゴール(スタート)地点もチェック。

 

ただ、あまりここにのめってしまうと、仕事とランに支障をきたすので、自分なりにセーブしつつ取り組んでいます!

 

 

 

posted by 今泉愛子(詳細はクリック) | 07:14 | ランニング | comments(0) | - |
コメント
コメントする