Search this site
ライター今泉愛子のブログです
<< 2019ー2020冬季トレーニングのまとめ3 有酸素性能力はまだまだだけど地力がついた | TOP | MKディスタンス1500m >>
MK練8000mのペース走 4'30で8000m

少しペースを上げたトレーニングにも取り組むようになりました。

昨日はMK練で、8000mのペース走+1000m。

8000mは、4’30ー4'25のEチームで走りました。

ペーサーはさいたくさん。

 

練習で無駄に緊張するのがわたしでありまして、この日もついていけなかったらどうしよう、とスタート前はかなり不安になっていました。

4'30というと、そう難しいペースではないはずなのですが、このところあまりしっくりきていませんでした。

 

1月のハイテクハーフで1時間32分で走れた後「いけるじゃーん」と大きな顔をして、20kmのペース走を4'30でやろうとしたところ鬼キツ。10kmでヘロヘロでした。

ここがわたしのダメなところだと自覚しました。

 

どんどん速く走りたい。

その欲を抑えられない。

 

ランナーでは、練習量に依存する人は多いです。

特に長距離は。

しかも記録が出なくなってくると、そうなりやすい。

記録ではなく「これだけ練習している」「これだけの距離を走っている」ことに満足を得ようとしてしまうんですよね。

 

私の場合は、速さ依存です。

たとえ1本でも「このタイムで走れた」ことに満足してしまう傾向があります。

練習前も「どれくらいの速さで走れるか」についフォーカスしてしまうから緊張する。

 

それではダメ。

冷静さを欠いているし、いいトレーニングとは言えない。

もうちょっと引いて自分を見ないと潰れる。

 

昨年の冬は、20km走を4'30でいけたし、8000mのペース走は4'10−15くらいで走れていました。

でも、シーズン成績は悲惨でした。

わたしがトレーニングで「速さ」にこだわったことも一因だろうと思っています。

「できるじゃん!」とムダに自尊心を満たしていましたが、本当に実力がついたのではありませんでした。

 

なのでこの冬季は速さにはこだわらず、まずは3ヶ月間のジョグジョグライフ。

からの移行期です。

そこを、どうつなげていくか。

速さ依存のわたしは、去年のペースと比べたくなりますが、いやいやいやそれはちゃうでと。

 

昨日は予定していた練習会が中止になり、たまたま参加した感じのMKですが、4’30(厳密にいうとav.4’27くらい)をあんなに余裕をもって走れるとは思いませんでした。

昨年のわたしだったら、いちかばちかDチームについたんじゃないでしょうか。

それで途中で潰れる。
3000m2本に分割してつくとか計画的ならいいのですが、いちかばちかを練習でやる必要はないですね。

 

ここから少しずつ上げていこうと思います。

上げていくのは、距離でもペースでもなく、パフォーマンスです。

これだけの距離を走り込めば、こういうパフォーマンス(結果)が出せるとか、

練習でこのペースで走れれば、レースはこれで行けるだろうとか、

そういう考え方が有効な時もありますが、わたしはまだそのレベルにはありません。

 

距離やペース、内容を調整しながら、ベストパフォーマンスにつなげていこうと思います。

ベストパフォーマンスにもっていくのは、どういうやり方がいいかを常に考えていこう!

目先の数字にごまかされないことが大事ですね。

 

posted by 今泉愛子(詳細はクリック) | 06:46 | ランニング | comments(0) | - |
コメント
コメントする