Search this site
ライター今泉愛子のブログです
<< モチベーションは本当に必要なのか。 | TOP | 3週間のトレーニングメニュー(市民ランナー高速化プロジェクト) >>
200m10本(3週目)

昨日は200m10本の日でした。

 

3週続けて木曜日にやりましたが、少しずつ上がっていってとても気分がよかったです!

1週目は、37、36、35、35、35、36、36、37、37

2週目は、35、35、35、36、36、38、38、38、38、38

3週目は、35、35、34、35、35、36、36、36、36、36

 

レストは200mウォークで私の場合は3’から3’30です。

ただし走路の関係で、人が多い時を避けるため、4分以上空くこともあります。

タイムは四捨五入ではなく切り捨てですので、34は、34.9とかそんな感じです。

 

1週目9本で終わったのは、単純に数え間違いました。

2週目は、数え間違えないように、と思ったらプレッシャーがかかったのか、後半バテバテに。

 

そして昨日は「走りをコントロールする」ことを意識しようと思ったんです。

2週目のように、わけもわからずヘロヘロになるのはよくない。

 

そこで、設定タイムを決めました。

長距離ランナーは、10本揃える走りが好きなような気がしますが、以前、環太平洋大学の吉岡利貢先生が、均等に負荷を与えたいなら、同じタイム、同じレストでやるよりも、少しずつ設定タイムを落としたり、あるいはレストを少しずつ長くしたほうがいいとおっしゃっていて、それもそうだと思ったことをふと、アップ中に思い出しまして、3本おきに、35、36、38、ラストフリーにすることにしました。

 

4本目以降、少し力を抜きました。6本目以降もそうです。

踏ん張らなくていいから、と自分に言い聞かせてスタート。

なのですが、力を抜いたことでリラックスして走れて、後半きれいにからだを運ぶことができたんです。

結果、タイムは後半それほど落ちませんでした。

 

疲れた時の走り方が少しわかったような気がしてとてもうれしかったです。

これまでは苦しくなった時に力みすぎていました。

特に先週はそう。ムダにプレッシャーをかけて歯を食いしばって走っていたと思います。

いわゆる根性走りのような。

自分ではそういうつもりはなかったのですが。

 

それと最近、ランニング中に背中を意識しています。

後半、腕振りがブレたり、顎が上がったりすることが多いので、気をつけました。

それもよかった。

なんとなく走りが分かった気がして、めっちゃうれしかったです。

が、1回うまくいったからといって「バッチリやん!」と舞い上がるのではなく(私にありがち)、冷静に積み上げていこうと思います。

 

タイムはちょっと良すぎる気もしていて、距離疑惑も・・・。
一応、表示の通り走ってはいます。
あと昨日は走路も良かったのかもしれません。

追い風で、人も少なかったのです。

 

とはいえ、走りに関してなんとなくの手応えを感じられて、よかったです!
posted by 今泉愛子(詳細はクリック) | 09:31 | ランニング | comments(0) | - |
コメント
コメントする